Img_9b65eef4bc9c99b5ee424429c1208895

おふたりの思いがお越しくださったみなさんに伝わりますように。

大切な家族に伝わりますように…。


シンプルだけとブレがなくて、まっすぐな思い。
私はちゃんと受け取れているだろうか…。

いろんな思いを振り返りながら、真摯な気持ちでその日を迎えました。



2015.08.15
「あなたは、私たちの太陽よ」

花嫁挨拶で、お母様が花嫁にかけた言葉にそこにいたみんなが涙しました。

酒蔵でもある花嫁のご自宅で盃を取り交わす間
新郎の母が新婦に
新婦の母が新郎にかける言葉が
穏やかで美しくて

お手伝いをさせていただきながら涙が止まらなくて。


もともと知らない家族同士が
今ここでこうして他人ではなくなっていく様子が
とても愛おしくてたまりませんでした。

ご自宅での親子固めの盃の後
ご近所の由緒ある神社でのお式は

きりっとして身が引き締まる時間でした。


神前式の後
お母さまの思いが詰まったウェディングドレスをお召しになっての
ご自宅”酒蔵”でのセレモニーも

すべてが美しく幸せで
それぞれの生き様にも
お互いが育ってきた環境にも
リスペクトされた
素晴らしい時間となりました。

ドレス姿の花嫁がご両親と歩く姿をみた
みなさんの表情に
花嫁の思いが伝わったなー。と実感しました。

12時と共に鳴り響いた終戦記念のサイレンに
おじいさまが人知れずひっそり黙祷を捧げる姿に
家族の静かな歴史を感じました。

相手を思いやり
家族を思いやり作り上げる
"ふたりにしか出来ない結婚式"が、そこにありました。


春のウェディングレポートを飛び越えて(汗)夏のレポートになってしまいました
ウェディングの後、レポートブログを書く度
おふたりの思いをうまく表現できなくて、もどかしくて

私の言葉ではなにか、本質とは違うような気がして
そして、消してしまう・・・。
文章力の無い残念なプランナーで自分にがっかりです。


だけど今年、そしてこの夏(個人的に)ひとつ階段を登った気がしていて

”結婚式のカタチは本当にひとそれぞれでいいんだなー。”
と、改めて実感した幸せな1日のことはきちんと書いておきたくて…。



遠く新潟からChayuka を見つけてくださって本当にありがとうございました。
心からふたりとの出会いに感謝して。


Respect and thank wholeheartedly・・・