古民家jamの募金箱に集まった義援金と売り上げからの義援金
みなさまにご購入いただきましたポップコーンの収益などで
東日本大震災への義援金が

73,999円集まりました。


その使い道をみんなで考えて、直接被災した方にお届けできる有効な使い道はないかと
福島市の避難所をご訪問させていただきました。

私たちに出来る事として
温かい食べ物を避難所の方にお届けしようということになり
31日に、避難所になっている福島市内の県立高校の体育館へ炊き出しにお伺いいたしまいたので
ご報告いたします。



体育館には約80名の方がいらっしゃいました。
子供からお年寄りまで家族も多かったと思います。

東京電力福島第一原子力発電所から20km圏内で避難していらしたみなさまです。

古民家jamはいろいろなお店が出店しましたので
今回も、ヨガの先生・セレクトショップのオーナー・スポーツアロマサロン
お花の先生・おそばやさん・お寿司屋さん・パン屋さん・カフェオーナー(そして私はウエディングプランナー)などさまざまな職種の方が炊き出しに参加しています。

体育館に入ると、支援物資として集まったたくさんの衣類が並んでいました
そこに以前セレクトショップで働いていたchieちゃんとパン屋さんのkayoちゃんのおしゃれコンビが目を光らせお洋服をコーディネートしていると、女子たちが集まってきました。

たのしいプチファッションショーの始まりです。
『ズボンがないんです~』という女の子に素敵なズボンをセレクトしてあげたら笑顔で着替えてくれました。

『これとこれなんてどう?』『ホントだ♪かわいい~』

無造作に床に並べられたお洋服たちがchieちゃんとkayoちゃんの手でみるみる
おしゃれにコーディネートされていく様子に女の子たちは目をキラキラさせてました。
Img_5ee51b5765e8b108b1ef857575bed79b2811017e
食事前に、お花の先生のご友人でもある体育指導員の方がみなさんと
長引く避難生活で固まった体をほぐしましょうと、<ストレッチ>をしました。


その後は、古民家jamにもご協力くださった
福島素人落語の会の方が落語を披露してくださいました。

*写真撮れなくてごめんなさい。



なんだか楽しい雰囲気に。


そしてお食事の時間がやってきました。


パン・おにぎり・おにぎりとお汁と毎日繰り返されるメニュー・・・
知らない街で、ガソリンもなくレストランもまだ再開していない。
今日はパスタが食べたいな~。今日はハンバーグ!なんて会話は言うだけ悲しい。


きっとそんな毎日だったのではないかと想像出来ます。


温かいものを食べていただきたくて
yoshinariさんが打ち立ての手打ちそばを準備しました。

ご飯は支給されても、ビニール袋に入ったおにぎりひとつ、海苔だって巻いてません。
たくさんの数を作るんですもの、手の込んだものは到底無理なのです。

そこで、おそばに太巻きもお付けすることになりました。
edomasaさんがお店の営業の合間に、太巻きを作って来てくれました。


本日のメニュー【温かい手打ちそばそばと太巻きのセット】


Img_936ca4eaddc673e6f25b3e1a78037cede10d763c
*お給仕後慌てて撮りに行ったので、すこしのびちゃってますね(汗)スミマセン。


温かいお食事を召し上がっていただくことが出来ました。

義援金をお寄せくださったみなさまのおかげです。ありがとうございました。



そしてお食事が済んだ頃
なんと!またまたaveさんがみなさんを元気づけに歌いに来てくださいました。
Img_1a4a5a5ff8ed57435a4a7f74a385aea2a0b156fc
福の歌~頑張っぺver~
あかり
上を向いて歩こうなど4曲を
そして最後にもう一度、先程はしっとり目に歌ってくれた福の歌~頑張っぺver~
を今度は力強く歌ってくださいました。


避難所を訪問させていただいた時から、空回りする自分が情けなく・・・
さらに福島県人でありながら、原発についてあまりにも無知であったことが相当ショックで
心が折れそうになっていて・・


染みました・・・。


子供たちも、みんなずっと手拍子していました。ノリがよい子供たちでしたね~。
終わってから男の子が『 手~ イテ~ 』とニコニコしていました。


避難所では、子供たちはみんな兄弟みたいに仲良しになるのですね~。子供はすごい!


福の歌~頑張っぺver~  
 (Click!)  ← 今の私には染みる曲です。是非、聴いてみてください。

aveさんお忙しい中本当にありがとうございました。


体操・落語・おそばと太巻き・お歌のライヴ
ひとりじゃ出来ないけど、みんなと力を合わせるとこんなことも出来るんだな~。って
yoshinariリーダーお疲れさまでした。


さて、次は・・
会議がつづきます。
Img_9e878c1bbc4e4b70eb259831368aa3b61ee4ada4
タンタンの手作りクッキー
5日(火)家具と雑貨のお店・bijiさんが再開します

しばらくの間おやすみや営業時間がかわるようです。
ご注意くださいませ。

営業時間12:00-17:00
営業日 火曜日・木曜日・土曜日・日曜日(月・水・金はお休みとなります)


営業時間など変更になる場合もございますので
詳しくはbijiさんHP→  (Click!) をご覧くださいませ。


ご近所のきなこCaféさんは明日からランチが再開するようです。
ひとまず『パンランチ』のみのメニューで再開です。

福島市内はすこしずつ日常を取り戻しつつありますね。


原発は、まだまだ騒がしいようですね。
自衛隊の車が我が家の近くの国道を福島県浜通りの被災地に向けて往復しています。
自衛隊のヘリは、宮城県の被災地に向けて毎朝たくさん上空を飛んでいきます。


地震だけではなく津波の被害を受けた海沿いの地域はまだライフラインも復旧していません。
福島県浜通りの原発から30キロ以内の地域は、行方不明の方の捜索すら進んでいません。


悲しい現実です。


今日は、別の避難所にお打ち合わせに伺ってまいりました。
避難所のみなさんも限界に近付いてますね。

今回は避難所の方からおそばのリクエストをいただきました。

遠慮しないでドンドンご要望を発信してください!
どうか我慢しないでください。


Img_0bc1765b5651c5a566d32c68e7cccb527d2c647d
古民家jamでbrancheさん →  (Click!)  が
手作りしたクリスマスローズの4月のカレンダー

こちらの売り上げを災害義援金として寄付なさったのですが

一緒にフウセンカズラの種が入っていました。
この種を春に蒔くと、ツルが伸びて夏には涼しいエコカーテンになるそうです。
節電!ですね~。すごいアイディア!


どんな困難もアイディアひとつで乗り越えられる。きっと。
昨晩の余震は怖かった~。
すかっり地震にも慣れてしまっていたところだったので
長く続く昨晩の余震に、いっきにあの大地震の恐怖がよみがえってきて
裸足で外に飛び出してしまいました。

しばらく心臓が痛くて眠れませんでした。(涙)

やっと片づけたお部屋が・・・。という方もいらっしゃたでしょうね。
みなさんも、つらい夜をお過ごしだったと思います。
お怪我など無いといいのですが・・。

避難所のみなさんも恐怖に眠れない夜を過ごしたことと思います。


古民家Jamでは、先週6日に
富岡町を中心に原発の避難区域から福島市内の福島大学の体育館へ避難していらっしゃる方へ
炊き出しをして参りました。


『おそばが食べたい』とご要望が出ているとボランティアの方を通じてリクエストをいただいたところです。


大学の避難所は学生の方がボランティアをしてくださっていてなんだか活気がありました。



その日の夕食メニューは、
私たちのリーダーyoshinariさんが朝早くから打ってくれた『手打ちそば』と
学生さんたちと避難していらしてる方と一緒に作った『きんぴらごぼう』
お昼に支援物資で届いた『おにぎり』と『菓子パン』はご希望の方に


それをまだ稼働していない学食のテーブルでいただきます。

大学の建物はところどころ損壊したままでした。
今はそれどころではないのでしょうね・・・。



この日の炊き出しの前日、福島県の海沿い北部でほぼ宮城県寄りの<新地町>に
炊き出しのご相談と下見にも伺いました。


事前に100名以下の避難所を調べて突然訪問といういつもながらの強行訪問です。


新地町は津波の被害も大きかったところで、海沿いは本当に≪何にも≫なくなっていました。

ポツリポツリと丈夫な建物が残っていますが、近づいてみると
1F部分は根こそぎ津波にさらわれていて鉄骨のみになっていました。


避難所のひとつである小学校の体育館を見つけて本部の方にご相談をします。

福島市内のいままで伺った体育館より狭いスペースにたくさんの方が肩を寄せ合い
生活していらっしゃいました。

ガスはまだ通っていないようで、校庭にテントを張って廃材を燃やして大きなお鍋で汁物などを自分たちで作っていらっしゃいました。


やっと水が通ったようで、お野菜などの下処理は調理実習室を使用しているようです。


私たちは、ガスもお鍋も持ち込んで作業をします。


お話をしているうちに、人があつまってきて
「手打ちそば!いいね~」「いつ来てくれんの?」などお声がかかりました。


みなさん明るい。

なんだか不思議な気持ちになりました。


あれだけ何にも無くなってしまうと諦めもついてしまうのでしょうか・・。
自分の家だけではなく、お隣もそのまたお隣も町中が流されてしまうと
がんばるしかない!と思うのでしょうか・・。


たくさんの方が亡くなっていると、みんなの悲しみも背負ってしまって
自分ばかりが泣いているわけにはいかなくなるのでしょうか・・。


今までの避難所で目にしたような、お隣とダンボールで仕切るようなこともなく
なんだかみなさん仲良しのように感じました。


お昼食のお申し出をしたのですが、避難所から仕事に通っていらっしゃる方が
食べられないね~。という声が出ましたので夕食に変更です。


ここから仕事に通っていらっしゃるのか・・・。






Img_7864a09ec3be7c4a2c57d1cc0a1bb6c97a0b5ece
昨日駅前を歩いていたら

福島を支えるこんな素敵な力持ちを見かけました。(笑)
なんだか応援されてる感じがする。


まかしとけい!みたいな感じがなんとも頼もしい!



本当は、こんな感じのポスター。

Img_89a071a23b01d3cd7db0c021baf1eb1096468790
なにもかも失った方たちがこんなにも明るく立ち向かっている。

のりこえよう。
たちあがろう。

元気な私たちがふくしまを支えていかなければ。

日常を取り戻してしっかり力をたくわえて!



来週は結婚式のお仕事です。

たくさんの思いが詰まった結婚式。

きっと、みんなの中で何かが変わると思います。

福島市土湯の空カフェさんが
冬休みを終えて春の営業を再開しますね。

地震やら余震やらで9日のオープン繰り上げて

10日 12:30~ 営業再開のようです。

詳しい営業時間などは、空カフェさんのブログ→ (Click!) 
でご確認くださいませ。


なんだか春を感じますね~。


このクッキーは、先月開催した古民家Jamで売り上げを義援金募金として販売した
空カフェさん手作りの『がんばろうふくしま』クッキー
Img_fb8e1295a93658a2ff00b0046025b35fac23d160
前日も、会場の設営を手伝ってくださったのに!
震災後で物流も十分でない中、いつの間にこんなに手の込んだ事をしていらしたのでしょう!?


感動しました~(涙)

サクっとしてふわっとしてほんのり甘くてとっても美味しい♪

力強い応援の味がしました。


そして、今日お打ち合わせをした花嫁さんから
Coo-coさん(ふくしまの雑貨の作家さんで絵描きさん)の
義援金寄付の絵はがきを見つけましたよ~!と写真付でメールが届きました
Img_df322f6eb36c85f2ff50f7a68d578c4efba23330
Coo-coさんのHPです。→  (Click!) 
ブログで絵はがきを扱ってくださっているShopの紹介があります。
この絵はがきを作るまでの心の変化などCoo-coさんのお人柄がにじみ出ています。


ふわっとしていて心が温かくなるような絵はがきです。

売上収益の全ては義援金として日本赤十字社に寄付されます。
すぐに送れるようにと切手付はがきに印刷してくださっているようです。
とても素晴らしいお心遣いですね。

1枚150yen
私も明日どちらかのお店で購入したいと思います。

震災後、熊本・京都・愛媛・埼玉・東京・滋賀・大阪・北海道・岩手とたくさんの方から
大丈夫?メールをいただきました。
このはがきで『ふくしまは元気だよ、ふくしまは負けないよ』とお礼を書こうと思います。


今日は来週の花嫁さんとカメラマンのerigraphさんとお打ち合わせでした。
bijiさんをお借りしてのお打ち合わせ風景を激写♪

Img_192da48b508773316243a593dc2b1e46b388ad32
みんなが震災後ひとつひとつ日常を取り戻して

でも、その日常の中にも今までは感じなかった気持ちが深く刻まれていて
忘れたりしないようにしっかり刻みこみながら前に進んでいるような”力強さ”のようなものを感じた一日でした。

先週木曜日。新地町の避難所に古民家Jamチームで炊き出しにお伺いしてきました。


アロママッサージのChieちゃんと午前中からお邪魔して
マッサージのボランティアもしました。

私はお湯を汲んだりのお手伝い。
Chieちゃんマッサージお疲れさまでした。


日中は、みなさん避難所からお勤めに出ていらして
年配の方が中心だったのですが、マッサージを受けながら津波の話や地震の話をしてくれて
流された時の傷なども見せてくださいました。


淡々と話すことで少しでも楽になってくれたらいいなと思いました。
Chieちゃんも優しく『うんうん』て聞いていました。


マッサージを受けておしゃべりしてみなさんとてもすっきりしたお顔でした。

Chieちゃん恐るべし!


夕方には、おそば部隊も到着してみんなで心を込めておそばをお出ししました。


おそばの炊き出しを楽しみにしていてくれて
時間に間に合うように急いでお仕事から帰ってきてくださって嬉しかった~。


こちらの避難所の後ろには仮設住宅の建設が進んでいました。
5月の中には、全世帯が入居出来るそうです。

『そしたら次に進まなくちゃ・・』
おそばの列に1番に並んでくださったおじいちゃまがつぶやいていました。

まだまだ長い道のりです。


Img_0fbed98c79a274d3bb2f2341b2a20c9f41b6e79c
新地駅の津波にのまれた電車も先日撤去されました。

復興は進んでいるけど
私たちも共に長い道のりに寄り添う事を忘れてはいけないと思いました。
Img_adf3f5056493158cf6f85b058680911f09549652
先週小さな願いが叶いました。


満開の桜の下での結婚式。


地震の後、たくさん悩んだりしたけど
桜の下でがんばろうのポーズのふたりが眩しかった。



誰もが角隠しの花嫁が愛おしかったし、紋付姿の新郎様がとても大きく見えたと思う。


古民家の和室で
大切な家族親族に見守られながらの三三九度
今日笑顔で集まる事の出来た奇跡に感謝の気持ちを込めての乾杯
お客様を思って準備したおもてなしのお料理


『ありがとう』『どうぞよろしく』の言葉が飛び交う中
誰もがふたりの幸せを願って笑顔でした。


最後、新郎新婦さまはひとりひとりに感謝を述べられました
生かされたことへの感謝と亡くなった方々から奪ったもの・夢・希望を思い
私たちはしっかり前を見て進んで行きたい。

とても強い思いが伝わってきました。


お母さんもとってもきれいで、お父さんはニコニコ顔で
お姉ちゃんは妹のために一生懸命で
弟さんたちは照れながらも嬉しそうで
おばあちゃんは、なんだかんだ言って誇らしげで
おじいちゃんは、どしっと見守っていて


なによりも新郎新婦さまがいつもに増して
しっかりとしていて大きく見えて
慎ましくてかっこよくて



Img_89fd353ab0d9be1e2efa0eee5bc8ff99be2ada3d
花嫁はなんと挨拶なさったのでしょう。

お父様は私に涙をこらえながら『花粉症だ』と(笑)。


この後ご両親は笑顔になってみなさんをお迎えしていました。
嫁ぐ花嫁の思いは人それぞれだから、きちんと言葉にして伝えることで
花嫁もご両親も次に進めるのかな・・


改めて、結婚式ってすごいな! と思った一日でした。


SさんMさん絶対幸せになろう!
Img_f07b6e8a8e86bcfb768a53c15156314320fca21d
Img_638b4dc24595b369efc7c410b7a59ac65601e88b
福島市のとても綺麗な桜の名所『花見山』です。

毎年、他県から来てくださる方でにぎわうため
周辺の駐車場は観光バス専用となり、自家用車はかなり遠くの臨時駐車場に車を停めて
シャトルバスに乗り換えることになるのですが
今年はすぐ近くの駐車場を利用することが出来ます(ラッキー!)


個人のお宅の庭園の桜とその庭園の遊歩道(山道)から周辺の桜たちも一望出来てとても美しい!


今年はのんびり見る事が出来ました。


避難所生活を送っていらっしゃる方も是非散策にいらしてみてください。

Img_3308565cbc76dfacfc7f81584614e013d98f23f1
Img_54cac724a11a880d0a1d3346fb490ab28ece3098

昨年秋にサポートさせていただいた、美容師さんの花嫁さまに
今度のフォト撮影の花嫁さまのメイクをお願いしようと、ドトールさんで打ち合わせをしていましたら

4月17日に祝言をしてくれた花嫁さんと偶然遭遇!
こちらの花嫁さまとはあちらこちらで偶然遭遇することが多く(確立がかなり高い!)



花嫁さまのお話で、花嫁さまだったお客様とお会いしているときに
先々週の花嫁さまに遭遇するという、花嫁つながりに囲まれて
恥ずかしかったり嬉しかったり


花嫁さまどうしをご紹介したりして、なぜだかドキドキしちゃいました(笑)

Img_bd1cdb0636e218179e026c68722945b0581ae20d

こちらの写真は、4月17日の結婚式の時
新郎新婦様がスタッフ全員にプレゼントしてくださった
西光亭の美味しい胡桃のクッキーと
打ち合わせ場所でお世話になった、きなこCaféのかよさんが新郎新婦さまにプレゼントしてくださった手作りクッキー♪
新郎新婦がモチーフのクッキーと小さくHappy weddingと書いてくれた桜のクッキー♪

どちらも美味しくて♪一日幸せでした~。


今度の撮影のお仕事も楽しみ♪
課題がいっぱいだけどがんばろ~!!
Img_cc6bc887ff7e34b4064c670c9164aca538a6b78b
今日は、お友だちの妹さんが講師のうさぎ薬局さんのアロマテラピー教室に行ってきました。

マッサージオイルとプルプルパックを作ってみました。



とても簡単に作れて、香りも効果も自分の好みに合わせて作りましたよ。
一晩ねかせて使ってみようと思います。

心も体も元気になって、お肌の調子も良くなるといいな~。欲張りかしら(笑)


風邪をひいてしまって喉と鼻の調子が良くないので、ユーカリのオイルを購入。
先生のアドバイスで、さっそくマスクに1滴たらしてみたらとても楽になりました♪

花粉症の方にもお勧めです♪





もうひとつ。

花嫁さまにお勧めしている『まつ毛エクステ』
先日、11月にChayukaでウエディングをサポートさせていただいたReikoさんのサロンにて
まつ毛エクステを体験・・・。
ではなく花嫁さまをご案内して施術を見学させていただきました!


まつ毛という細かい部分にエクステをつける?!

ちまちまとした作業(ビーズとか)が苦手な私にとっては、あり得ない作業!
Img_542a31b6457ae242a4f9888e73752c3705473780

本当に既存のまつ毛に1本1本つけていくのですね~。感動。

かなり細かい作業ですので根気のいる作業かと思いきや


さすがです!

サッツサッツとピンセットでまつ毛を1本にかき分け、そこに”ササッ・パッ”と
エクステを1本1本付けていきます。


Img_f54e2aa070e92c9d9a5ce61e5f522fdd6747b4c4
写真左目は、60本完了
写真右目は、作業途中で約30本

違いがわかりますよね!


ノーメイクでも、いつもお目目パッチリでいられるミラクルアイメイク!発見♪


ウエディングメイクやアイメイクは是非Reikoさんにご相談を!
詳しくはメールにてお問い合わせください。
mail@chayuka-w.com