Img_82d244fce9680c8ccf4f84d82b10c5d7e95ec58d
連休に石垣島に行ってまいりました。

友人ファミリー 大人7名子供2名の 大所帯でにぎやかに行ってまいりました♪


しかし、石垣は思ったよりも遠かった!
改めて日本地図で見てみたら沖縄本島よりも台湾に近い!

ということで、石垣到着が夕方。

ということで、とりあえず初日は島料理を堪能。

この旅のリーダーがしっかり予約を入れてくれてたおいかげで待たずにすんなり着席。

島料理”あだん亭”さんへ。

珍しい名前の美味しいお魚料理をたくさんいただきました。
最終日に那覇の市場で、調理前のその姿、その色合いにびっくり!するのです。(笑)


Img_8a9f56fe73c58b9441b0ac64336320615b592cc6
沖縄地ビール
沖縄といえばオリオンビール。
そして、地ビール飲み比べ。

オリオンビールは、とても飲み口がよくグビグビいけちゃいます。
ほかには、とってもフレーバーなビールなどなどどれも美味しかったです。
このあとも
泡盛・石垣限定泡盛と黒糖仕込みの梅酒へと続いたのでした。
石垣島2日目。

ホテルは、インターネットで予約いたしまた
”スパーホテルアビアンパナ石垣” (Click!) 

とってもリーズナブルなのに、離島ターミナルや繁華街やおみやげ屋さんにも近く
とっても快適でした。


実は滞在中の天気予報はすべて雨マーク(涙)

到着日は、雨も降らず快適に過ごしましたが
その日の夜、雨音で目が覚めるくらいどしゃぶりに・・。

2日目大事なイベントを控えていた私たちは雨音に眠れぬ夜を過ごしたのでした。
大事なイベント。

おととし3月に入籍した友人Tご夫妻に、結婚式のサプライズを計画していたのです。
今まで休みが合わなかった私はFamillyとの旅行は初参加。
結婚したばかりのTご夫妻も、初参加ということもあり

のびのびになってい計画を、チャンス!とばかりに実行に移したのでした。

結婚式といいましても
”内緒でドレスを準備して浜辺でお写真を撮ってあげたいね。”とお仲間たちと考えました。


浜辺でお写真・・。
という訳で、どしゃぶりに眠れぬ夜を過ごしたのです。


旅行雑誌で見つけて、お電話でお着替えの場所にとお願いしたコテージが
雨の場合、室内でも撮影可能かどうかお願いとチェックのため
早朝、仕込み隊がコテージに下見に出かけることにしました。


あとで書こうと思いますが
実はこのコテージが、この計画にはとっても大切な場所となりました。


石垣島で迷子になりながらやっとの思いでコテージに到着し施設の確認をし
なんやかんやと理由をつけて、車2台で別行動をして先発隊は先にコテージへ。

このころには雨も小ぶりになり、ときどき日差しもさすようになりました。

ドレスをセッティングして待機。
後発隊は、”眺めの良いレストランでランチ”という段取りでコテージにたどり着きます。

『きれいな場所ね~。このお魚グッピーかな~』
花嫁は何も知らずにコテージのお庭に夢中です。


エントランスからテラスまで抜けると、海が広がりそこにはウエディングドレスが準備され
スーツ姿のご主人が待っている・・。


涙涙でございました。
女子チームでのお支度中も涙なみだ・・。
私たちも涙。


コテージのテラスで
iPhonでダウンロードしたウエディングマーチの流れる中
結婚式とまではいかなかったけれど
とってもシンプルでしたが、幸せな時間が流れました。


Yちゃん、とっても綺麗でした・・・。
ずっと照れてたご主人もニコニコでした。


途中雨もすっかりやんで
大変お世話になったコテージのオーナーご夫妻ともお写真撮影。


とても感動しました。
これからもお幸せに。Tさんご夫妻さま、これからもどうぞよろしく。
Img_9bd60da8c126bf818bc35f608154c670fa5e059d
Img_ecc3cfbdf3203ccdf5d490f7b5e3f8b6e5384a49
2日目夜のお食事の紹介を忘れていました。

またまた旅のリーダーのおかげで
まぐろ料理”ひとし”にスムーズに着席。


まぐろ美味しかったです。

大トロ・中トロ・赤身
どれもトロトロでした~。

海ブドウもぷりぷり。

そして貝好きの私にはたまらん!美味しい貝もたくさん!
シャコ貝・夜光貝・・。美味でした。


またまた、泡盛。
幸せ~。
Img_541776224392a970a2361170e3f5691456929575
Img_fc3ce3999cf6de4631bc9a45c6aa60f02ba11bdb
石垣島の旅3日目は竹富島に参りました。
当初計画の段階では2日目だった竹富島でしたが、年に1度のお祭りの日と重なったため
3日目に変更したのでした。

お祭りの日は、お店も水牛車もお休みになり周辺の島で働いている家族もみんな
戻ってきて島が大賑わいなんですって。


竹富島は石垣島から船に乗って10分程度で到着。
小さな島で、何もないのですが本当にのんびりしました。

水牛車に乗って街並み(といっても民家の間)を走ります。
のんびりのんびり、牛の大ちゃんのペースにお任せです。

建物は1階平屋と決まっているそうです。
きちんと守られていて、宅地を囲む石垣塀と共に美しい景観でした。


お昼は、小さなそば処『たけの子』でソーキそばをいただきました。
むかし若い時にいただいた時はその美味しさがわからなかったのですが(^^;
しみいるおだしとしっかり味のついた三枚豚のバランスがとっても美味しかったです。
Img_206f05bc7b1cbfc79c1f02a448307e178f5e4a9d
サイクリングの途中
最南端のお寺さんの前に黄色い彼岸花を見つけました。

赤い彼岸花は良く見かけますが黄色は初めて。

こんなに気候が違うのに、本州も石垣島も同じ時期に彼岸花は咲くのですね~。
なんだかフシギ。
Img_354f3506b7e0b04b427be53423df781c95fdd744
カイジ浜 奥に広がるのがコンドイビーチ
お次は、浜辺までサイクリングということで
レンタルサイクルで出発。


ご一緒した、1歳のお子様も子供用の補助いすを取り付けたパパの自転車で
サイクリング初デビュー♪

みんなでサイクリングはとても楽しかった~。

車の往来もほとんどなく、迷子になりながらも
竹富島の2つのビーチへ

カイジ浜では、”星の砂”を探しました。
手のひらですくったサラサラの砂の中に、ちらほら現れる星の砂を
大人たちが夢中になって探しちゃいました。


次は、自転車でスイスイ10分くらい
コンドイビーチへ
遠浅で、どこまで行っても足首辺りの海を初体験。
100メートル程進んで沖の中に現れた小島の砂に貝殻で旅の思い出を刻んで
遠くに見える、西表島に向かって感動を大声で叫んできました。


美しい海と空に
雨が降らなかった感謝と、日々の邪念を払ってまいりました。

Img_effed23aad1779685293242199bba3dcfed2774f
焼き肉”金城”

石垣島に戻って。
この日の夜は奮発して!お肉!

島の方にお伺いして何度か耳にしたお店”金城”さんへ。


石垣牛を含め美味しいお肉をいただいてまいりました。

なにやら、ものすごい量を食べたような気がします(汗)

この日は、ビール♪
生ビール&オリオンビールでお肉を堪能いたしました。
Img_f0d88b932de4e50c34068369ca524c5e0cdbfc6b
さらに、お部屋に帰ってから。


友人ご夫婦の結婚記念日とご主人のお誕生日のお祝いをサプライズ!

もうひと組のご夫婦も翌日10日が結婚記念日!
1日早くお祝いいたしました~。

もちろん、ケーキもいただきました。

ホント!Happyな旅です♪

そして、どう考えても食べ過ぎですね(汗)
最終日は、沖縄本島に向かいます。
石垣空港から那覇空港へ1時間。

到着後那覇空港近くで、沖縄那覇探索です。

国際ロードまで、モノレールに乗って移動!
都会です。

那覇もお祭りで、大賑わいでした。

国際通りのお土産屋さんでお土産を購入。


そうそう、石垣島、辺銀(ペンギン)食堂の石垣島ラー油は
食堂内の売店の開店時間の9時を待たずに、長蛇の列でオープン前に整理券が完売!
ということで購入には至らず。

そんなに執着してはおりませんでしたが、せっかく近くに宿泊していたのに
なんとものんきな話です(汗)


那覇のお土産屋さんでは、この石垣ラー油を3倍近くの金額で販売しているところもありました。


お昼を公設市場でその場で捌いていただく新鮮なお魚料理をいただいて
いざモノレールで空港へ。


本島探索はあっという間の時間でした。

おなかいっぱいで飛行機に乗り込み。
みなさん爆睡。


もうすぐ到着かと思いきや。

油圧系統の故障との案内。
間もなく仙台空港到着の時間だというのに、なんと大阪(伊丹)空港に着陸。


1時間程待って別の飛行機に乗りかえての再出発。

初めての経験をしてしまいました。ちょっぴりドキドキしました。


予定2時間遅れで、無事仙台に到着。


旅の反省としては。
またまたビデオに夢中になり、写真を残していないわ~(汗)ということ。
ブログを書くのに一苦労。

近々予定されている、旅の反省会と上映会でみなさんのお写真を拝見するのを
楽しみにするといたします。

楽しい旅はおしまい。

Img_e39f2409b7bf4a267267adf074760db6a3334f59
捌いていただいた鮮魚
Img_5b77963465099dd936f94b3c1f90f372f3c6c0be
Img_9940df3d3157aeadda457407c67c04e31918b6b8
来月20日に福島の古民家で和の”祝言式”のプロデュースがあります♪
家族に見守られる、昔ながらのスタイルです。


先日、ひとり古民家に行きシュミレーションをしてきました。
佇まいがなんとも厳かで身が引き締まりました。


心地よい緊張があふれてきました。
Img_361809040ee71615c72d6606076f43f59f3acfd1
囲炉裏では、お越しいただいた方にお待ちいただきます。
Img_771a4eb7e8b85888129466f09c399d98bd94b087
庭園の紅葉も式のころには色ずく頃でしょうね。
楽しみ。
Img_f701018d728b2cba8a10b3d48a23a0eca836c91d
番傘も届きました。
Img_e1c1fe02416d2a4577d9dca95005bac0e33d91e9
Chayukaでも、初めての試みですが

結婚式は、家族を思うことが一番大切なことだと思っているので
厳かで 格式もあって 家族が近くで見守る 温かな式になるといいなと
思っています。


Img_1462191082e62582fe514508b73b9cbf5e9add69


良く通る道の民家に
あさがおが、わっさわっさ咲いています。


(あまりにも綺麗なので信号待ちの車の中から撮影)



あさがおって、10月に咲く花でしたっけ?
勝手に夏のイメージでした(汗)


Img_7e3f18d049f9444941931db3851a1d070d06ab6c

会社を辞めてから

今まで学んできたことのおさらいと
一般的なものとお客様のニーズと地域性などが入り混じった私の経験の
整理整頓のため、セミナーに参加したり試験を受けてみたりしました。


その証と言いますか、資格証たちが届きました。



東京でのセミナーは、興奮の連続でしたし
試験は、あいまいだったものを改めて明確にしてくれたし


何年やっても奥が深いな。。。と
身が引き締まる思いです。


新郎新婦様の希望するウエディングの形に
私の知識と経験をプラスして最強のものになる瞬間がたまらなく大好きです。


これからも
花嫁のよきサポーターとして、花嫁の最高の笑顔のため
もっとたくさんの知識を身につける機会を惜しんではいけない。
とあらためて思いました。


私の周りには、自分のスタイルで活動する素敵な方々がたくさんいらっしゃいます。
時間に余裕が出来たことで、みなさんとともに過ごす時間が増えたことも
刺激的で私の大切な時間になりました。


セミナーの先生の的確なアドバイスにも感謝。


このところ本当に素敵な出会いばかりです。

これからも日々精進・・。